9434 stories
·
0 followers

『東電刑事裁判 判決前 キャラバン』のお知らせ

1 Share

9月19日の判決に向けて、福島から電気の行く道をたどるように関東各県で街頭アピールを行います!お近くの方はぜひお集まりください!

東電刑事裁判 判決前 キャラバン

9/1(日)福島県・栃木県

  • 13:30~14:00 出発式 郡山市労働福祉会館 第2会議室
  • 14:30~ 郡山駅西口
  • 16:30~ JR宇都宮駅西口
  • 17:30~ 東武宇都宮 東武デパート北口前

9/2(月) 群馬県

  • 17:00~ 高崎駅西口

9/3(火) 埼玉県

  • 11:00~ 所沢駅東口
  • 12:15~ 航空公園駅
  • 16:00~ 川越駅西口
  • 18:00~ 大宮駅西口

9/4(水) 茨城県

  • 12:00~ 水戸駅南口
  • 14:00~ 東海駅東口
  • 16:00~ 日立駅中央口

9/5(木) 千葉県

  • 11:00~ 松戸駅
  • 14:00~ 市川駅
  • 17:00~ 千葉駅

9/6(金) 東京都

  • 12:30~ 東京電力本店前
  • 14:00~ 新橋駅SL広場
  • 17:00~ 経産省前
  • 19:00~ 国会前金曜行動

9/7(土) 神奈川県

  • 14:00~ JR川崎駅東口
  • 17:00~ 横浜駅相鉄西口広場

*街頭アピールは各地1時間程度の予定です

Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

この悲劇 繰り返しはせぬ ― 朝鮮人犠牲者追悼式典にご参加を

1 Share
関東大震災96年 朝鮮人犠牲者追悼式典 日時 2019年9月1日(日) 午前11時~ 都立横網町公園(東京都墨田区横網2丁目3番25号)  交通 JR総武線「両国駅」西口 徒歩7分      都営地下鉄・大江戸線「両国駅 […]
Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

なぜ、琉球遺骨返還訴訟を闘うのか/琉球遺骨返還訴訟 第3回 口頭弁論

1 Share

ドラッグストアの通販ならAmazon.co.jp(アマゾン)。洗剤・トイレットペーパー・シャンプーなどの日用品から、サプリメント、医薬品、おむつまで簡単にショッピング。人気商品が充実の品揃え、定期購入なら最大10%OFF。

 

 

午後7時 ドーンセンター パフォーマンススペース 

原告 亀谷 正子さん・金城 実さんのお話 弁護団 丹羽 雅雄さん 

1,000円(学生・障がい者500円 介助者無料)          

主催:「琉球遺骨返還訴訟を支える会・大阪」

https://www.facebook.com/ryukyuikotsu/

 

 

 

 

午後2時~ 京都地方裁判所大法廷 

陳述原告:金城 実さん

抽選の場合は、午後1時までに、裁判所北玄関前にご参集下さい。

〈沖縄戦〉

沖縄戦を知る事典: 非体験世代が語り継ぐ 吉浜 忍,林 博史,吉川 由紀 吉川弘文館

 

決定版 写真記録 沖縄戦 大田 昌秀 編 高文研

 

定本沖縄戦―地上戦の実相 柏木 俊道 彩流社

 

NHKスペシャル 沖縄戦 全記録 NHKスペシャル取材班 新日本出版社

 

沖縄戦を生きぬいた人びと 吉川 麻衣子 創元社

 

ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦 豊田 正義 講談社

 

沖縄戦の発掘 沖縄陸軍病院南風原壕群 (シリーズ「遺跡を学ぶ」137) 池田 榮史 新泉社

 

陸軍中野学校と沖縄戦: 知られざる少年兵「護郷隊」 (歴史文化ライブラリー) 川満 彰 吉川弘文館

 

沈黙の子どもたち──軍はなぜ市民を大量殺害したか 山崎雅弘 晶文社

 

ひめゆりの塔をめぐる人々の手記 (角川ソフィア文庫) 仲宗根 政善 角川学芸出版

 

ひめゆりの沖縄戦―少女は嵐のなかを生きた (岩波ジュニア新書) 伊波 園子 岩波書店

 

フォトドキュメント 特攻と沖縄戦の真実 太平洋戦争研究会 河出書房新社

 

沖縄現代史 - 米国統治、本土復帰から「オール沖縄」まで (中公新書) 櫻澤 誠 中央公論新社

 

Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

8/23 ICRP新勧告(案)のパブコメ募集に関する記者会見 〜福島原発事故の教訓を反映した勧告を〜

1 Share

 福島原発事故を受け、国際放射線防護委員会(ICRP)が現在、原発事故後の放射線防護のあり方について見直しを行っています。ICRP勧告は放射線防護の国際基準に反映され、日本でも様々な法制度に取り入れられるため、被災当事者をはじめとする日本からの声がきちんと反映されることが重要です。
 しかし、勧告案には、福島原発事故に関する事実認識に著しい問題があるほか、日本語版が存在しないなど、被災者に寄り添ったものになっていません。9月20日までのパブリックコメント締め切りを控え、現在の勧告(案)を憂慮した市民団体7団体が合同で緊急記者会見を行います。ご取材をお願いいたします。

 

日 時: 2019年8月23日(金)14:00~
場 所: 衆議院第一議員会館 第6会議室

内 容: 1)ICRP勧告と放射線防護の解説
     2)ICRP新勧告(案)概要 
     3)これからの活動について

登壇者: 瀬川嘉之(高木学校)
     満田夏花(国際環境NGO FoEジャパン)
     吉田由布子(「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク)
     鈴木かずえ(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)
     片岡遼平(原子力資料情報室)
     避難当事者 他

主催団体:高木学校、国際環境NGO FoEジャパン、
     「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク、
     国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、
     市民科学研究室、放射線被ばくを学習する会、原子力市民委員会

本件お問合せ:市民科学研究室(上田)
       電話:03-5834-8328
       E-mail: ueda.akifumi◎shiminkagaku.org(◎を@に変えてください)
       〒113-0034 東京都文京区湯島2-14-9角田ビル2F

Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

【8/23(金)】「ICRP新勧告(案)のパブコメ募集に関する記者会見~福島原発事故の教訓を反映した勧告を~」開催のお知らせ

1 Share

【8/23(金)】
ICRP新勧告(案)のパブコメ募集に関する記者会見
〜福島原発事故の教訓を反映した勧告を〜

開催のお知らせ

 福島原発事故を受け、国際放射線防護委員会(ICRP)が現在、原発事故後の放射線防護のあり方について見直しを行っています。ICRP勧告は放射線防護の国際基準に反映され、日本でも様々な法制度に取り入れられるため、被災当事者をはじめとする日本からの声がきちんと反映されることが重要です。
 しかし、勧告案には、福島原発事故に関する事実認識に著しい問題があるほか、日本語版が存在しないなど、被災者に寄り添ったものになっていません。9月20日までのパブリックコメント締め切りを控え、現在の勧告(案)を憂慮した市民団体7団体が合同で緊急記者会見を行います。ご取材をお願いいたします。


point 日 時:2019年8月23日(金)14:00~
point 場 所:衆議院第一議員会館 第6会議室

point 内 容:1)ICRP勧告と放射線防護の解説
     2)ICRP新勧告(案)概要 
     3)これからの活動について

point 登壇者:瀬川嘉之(高木学校)
     満田夏花(国際環境NGO FoEジャパン)
     吉田由布子(「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク)
     鈴木かずえ(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)
     片岡遼平(原子力資料情報室)
     避難当事者 他

point 主催団体:高木学校、国際環境NGO FoEジャパン、
      「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク、
      国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、
      市民科学研究室、放射線被ばくを学習する会、原子力市民委員会

point 本件お問合せ:市民科学研究室(上田)
        電話:03-5834-8328
        E-mail: ueda.akifumi◎shiminkagaku.org(◎を@に変えてください)
        〒113-0034 東京都文京区湯島2-14-9角田ビル2F

 

Read the whole story
Mayumi55
2 days ago
reply
Share this story
Delete

第58回原発ゼロcafe'

1 Share
〇「原子力神話の終焉」 「安全神話」では想定になかった事故賠償、高騰する安全対策費、稼動できない中でも維持コストはかかりつづけ、新設など夢のまた夢、海外に活路を求めた原発輸出もことごとく破綻した。――なのに、まだ突き進むのか? 岩波書店「世界」7月号の記事をもとに、東島弁護士が報告します。 〇「特定重大事故等対処の施設の事前了解、どこが問題?」 「格納容器に大型航空機が衝突したら...
Read the whole story
Mayumi55
2 days ago
reply
Share this story
Delete
Next Page of Stories