6640 stories
·
0 followers

【告知】『太陽がほしい 「慰安婦」とよばれた中国女性たちの人生の記録』(2017/4/29祝土@神戸)

1 Share

■□■市民社会フォーラム第199回学習会■□■
                     上映会とトーク
『太陽がほしい 「慰安婦」とよばれた中国女性たちの人生の記録』

日 時 4月29日(祝・土)①14:00~ ②17:30~
会 場 こうべまちづくり会館2階ホール
トーク 16:10~ 班忠義監督、林伯耀さん(旅日華僑中日交流促進会共同代表)
参加費 1000円
お申込み・お問い合わせ civilesocietyforum@gmail.com

「チョンおばさんのクニ」「ガイサンシーとその姉妹たち」の班忠義監督最新作、
日本軍による中国女性の性暴力被害を追った、班忠義監督20年に及ぶ渾身の記録の上映会を開催します。

「(山西省の日本軍の駐屯地の)真っ暗なヤオトンに監禁され、用をたすときだけ外に出られました。
食べていないので何も出ないが、外に出たいのでトイレに行って背をのばす。
太陽の光がほしかった。」劉 面換
(『太陽がほしい』(2時間)公式サイトより http://human-hands.com/)

会場アクセス こうべまちづくり会館
〒650-0022 神戸市中央区元町通4-2-14
元町駅(JR・阪神)西口から西へ10分/みなと元町駅(地下鉄海岸線)西1出口から北へ2分/花隈駅(神戸高速)東口から南へ3分/西元町駅(神戸高速)東口から東へ5分

Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

チェルノブイリ31年・福島6年救援 「今中哲二講演会 ~放射能汚染の時代をどう生きるか、子どもたちをどう守るか~」4/28(練馬文化センター)

1 Share
チェルノブイリ31年・福島6年救援キャンペーン  今中哲二講演会 ~放射能汚染の時代をどう生きるか、子どもたちをどう守るか~ 【日時】4月28日(金)開演19:00 (18:30開場) 【場所】練馬文化センター 小ホール    (〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-37) ...
Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

4月30日には小松先生にじっくり訊こう 伊方原発沖中央構造線へお越しください

1 Share
チラシ紹介
Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

首都圏周辺のみなさま・・・広瀬隆からの重要なお願いです

1 Share

首都圏周辺のみなさま・・・広瀬隆からの重要なお願いです
 

 添付ファイルをご覧ください。

 

 430日(日)夕刻 630分開場 645分開演で、DAYS JAPANの広河隆一さんの企画・司会で、DAYS救援アクション主催
 
 

──DAYS子ども募金・DAYS JAPAN 後援──講演会を開催します。
 

 会場は、東京の中央線「中野駅」下車、南口を出て、新宿方向に線路沿いに徒

歩8分「なかのZEROホール」です。

 

 目的は、「次の原発大事故が目前に迫っている」驚くべき状況をくわしく知っていただき、私たち市民が、大事故発生時の具体的な対策を行動に移すための緊急の呼びかけです。6年前のように、うろたえることがあってはなりません。

 
 

 つまり、鹿児島知事・三反園訓が「県知事には原発の運転の可否を決定する権限はない」と言い張って、卑劣にも鹿児島県民を守る責任と義務を放棄したため、九州には重大危機が迫っています。この裏切り者の男を全国から糾弾する必要があります。
 

 西日本から放出される放射能は、一瞬で日本列島をなめつくします。

 一方、伊方原発の場合は、広島・愛媛・大分・山口の四つの県が仮処分を提訴して包囲して、一件でも勝てば伊方原発の運転は停止されるので、近いうちに停止できる希望のほうが濃厚です。

 

 しかし! 大地震の脅威は、私たちの予測を上回って、近づいています。

 

 演題にある「日本列島の全原発が危ない」というのは、ほかの運転停止中の全ての原発を含めて、プールに大量に抱えている使用済み核燃料が、いつ暴走するかも知れないことを意味します。

 

 54基すべてが危険なのです。
 

 そして、東海村と六ヶ所村の再処理工場が抱えているさらに危険な高レベル放射性廃液の水素爆発の危険性が、知られていませんので、くわしい現状を報告します。高レベル放射性廃液の漏洩は、たちまち日本列島を壊滅させるほどです。

一刻も早く、手を打つ必要があります。

 
 

 電力会社と日本原子力発電と日本原燃がいかに危険な対策をとっているかを知れば、みなさんは、たまげるでしょう。こうした状況が、メディアでまったく取り上げられていないことは、信じがたい状況です。
 

 たくさんの友人・知人を誘って、必ず会場に足を運んでください。

 心からのお願いを申し上げます。草々不一   

2017年4月30日なかのZEROホール講演会
 


 

Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

第2回東京地裁前要請行動「1日も早く、初公判を!!」のお知らせ

1 Share

第2回の東京地裁前行動を行います。

2016年2月29日、東京電力の旧経営幹部3名が強制起訴され1年以上過ぎましたが、刑事裁判の初公判の期日は、未だに決まっていません。
指定弁護士は、4000点余の証拠を開示し、早々に裁判を開くよう東京地裁に要請し、記者会見を行っています。

4月28日に第2回 公判前整理手続きの協議が開かれます。

私たちは、もう待てません! 
東京地裁に対し、公判前整理手続きを早々に終え、初公判期日のみならず、すべての公判日程を決定するように求め、再度、要請行動を行います。

私たちは、いまだ闇の中にある原発事故の真実とその責任の所在を、1日も早く明らかににするため、行動し続けます。

「第2回 東京地裁前要請行動  1日も早く、初公判を!!」

Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete

4.29(土)アッシュ スピーキングツアー 2017 「 戦争は最大の環境破壊である 」

1 Share

アッシュ スピーキングツアー 2017

「 戦争は最大の環境破壊である 」

 

4/29(土)13:00~15:00

於:パタゴニア京都 3F イベントルーム

 

 

講演:アッシュ・キリエ・ウールソン (アーティスト/イラク帰還兵)  逐次通訳あり

※ アッシュも参加している、帰還兵たちによるポスター展 War is Trauma も同会場にて開催

 

「アーティスト」であると同時に「イラク帰還兵」

二つの異なる視点から語られる戦争

当事者の話にあなたも耳を傾けてみませんか?

 

 

■ 会  場:パタゴニア京都 3F イベントルーム

■ 日  時:2017年4月29日(土) 13:00~15:00 (受付12:30~)

■ 主  催:NPO法人使い捨て時代を考える会  http://www.tukaisutejidai.com/

■ 問合・申込み:TEL  075-361-0222   FAX  075-361-0251 email : info@tukaisutejidai.com

    先着50名 申し込み歓迎、飛込み参加もOK 

■ 参加費:1000円

 

アッシュ・キリエ・ウールソン( アーティスト/イラク帰還兵)

1981年生まれ。北カリフォルニアやオレゴン、ウィスコンシンで育つ。

18歳になった2カ月後、学費を得るため、州兵(Army National Guard)に入隊。

2003年、イラクのナーシリーヤ近郊へ、陸軍とともに1年間派兵された。

イラクから帰還したあとPTSD(心的外傷後ストレス障害)となる。

08年、戦争について話しながら、広島から東京まで歩くピースウォークに招かれ来日。

1,000マイルを歩ききった。

11年、オハイオ州立大学修士課程(ファインアート)を修了。

08年から日本各地で兵士としての戦争体験を話す活動を続け、

12年からは作品展示も始めた(原爆の図 丸木美術館 アートスペース他)。

NHKあさイチ(16年8月4日)などメディア出演多数。

アッシュの言葉と作品は、世界中に拡がりつつある。

 

 War is Trauma  ※同会場にて開催

2010年のアメリカで、アーティストとして活動するイラク帰還米兵や、

帰還兵から話を聴いたアーティストがポスターを制作し、

街中の企業広告を帰還兵問題に関する意見広告に張り替える

ストリートプロジェクトが行われた(反戦イラク帰還兵の会による Operation Exposure)。

その時に集まった作品のうち34点がポートフォリオ

War is Trauma としてまとめられ、大判のポスターも製作されている。

ポートフォリオとポスターの製作は、

ペンシルバニア州ピッツバーグを拠点に活動する Justseeds Artists’Cooperative が手掛けている。

Travelling Warriors では、War is Trauma ポートフォリオの貸出およびポスター販売を行っている。

(詳細:<https://goo.gl/fChPSo>)

 

 

「兵士の語りとアート」をつくる会

Travelling Warriors Project in Japan / Travelling Warriors
帰還兵のスピーキングツアーや作品展示を行うときの事務局。

戦争や軍隊、兵士について興味・関心があるひとたちが、

ゆる~いネットワークをつくりながら、様々なひとたちと一緒にイベントを行っている。

逐次通訳:こぶちゆきこ

※ホームページ  今回の講演会の情報もアップしています。

http://travelling-warriors.com/2017/03/16/studywarnomore2017_0429_patagonia/

 

パタゴニア京都 → Google Map   

 アクセス 

〒600-8005 

京都府京都市下京区四条通立売東町23番地 (ジュンク堂の2軒東隣です)

阪急京都線 烏丸駅 

市営地下鉄烏丸線 四条駅:13番出口より東へ徒歩3分 

阪急京都線 河原町駅::9番出口より西へ徒歩3分

Read the whole story
Mayumi55
1 day ago
reply
Share this story
Delete
Next Page of Stories